第ï¼'回                             2000å'´7月11日

テーマ 「サミットの成功要因に関する二つのモデル」

Ⅰ. アメリカのリーダシップ・モデル(BY ベイン)

  1. アメリカのリーダシップ + もう1カ国のサポート (アメリカだけがリード、アメリカの発言力だけが優先される。)
  2. 過去の記憶からの教訓。(例:1930å'´ä»£ä¸–界大恐慌)
  3. 国内選挙が間近でなく、首脳が国際問題に集中できる。

Ⅱ.協調(concert)・ガバナンã‚'・モデル(BY カートン)

  1. 軍事・経済・政治力の強弱にかかわらず、各国の発言力、機能は同等。
  2. 少数精鋭であり、合意がå®'易である。(先進国に参加が限られる。)
  3. 市場民主主義、法の支配という価値の共有と責任分担。
  4. 人気のある政党出身のリーダー。(サミットに参加している首脳が誰であっても安定した信用がある。)
  5. 共同危機管理、ç‰'にアジア経済危機に見られたような「第二波」によって起こされる相äº'影響と相äº'脆弱性への対応。

Ⅲ. このï¼'つのモデルの違いã‚'どうやって説明するのか。

パワーとは何ã‚'さすのか。核兵器や軍隊によって自分の要求ã‚'通す、またはほかの国ã‚'抑制することã‚'指すのか。もし、政府開発援助がパワーだとすれば、日本が世界一パワーã‚'持っていることになるのか。

(カートン説)GNPで国のパワーã‚'測定する。各国のパワーの比較は通貨交換レートによって測定できる。

â†'アメリカのGNPがG7の中で占める割合が高いときは、アメリカは他国の協力ã‚'必要としないため、サミットにおける成功率は低下する。

â†'一æ–'、アメリカのGNPと残りのG7諸国のGNPの総計が同じ位の割合になったとき、アメリカが他国の協力ã‚'必要とするため、サミットの成功率は高い。

例:(配布プリントのTable3.8)1995å'´ã‚¢ãƒ¡ãƒªã‚«ã®GNP65.9%に対し、1975å'´ã¯45.5%まで低下し、アメリカのリーダーシップも低下した。残りのG7諸国の協力ã‚'必要としたため、そのå'´ã«ã‚µãƒŸãƒƒãƒˆã¯è¨­ç«‹ã•ã‚Œã€ãã®ã¨ãã®ãƒ©ãƒ³ãƒ–イエ・サミットの成績(配布プリントのTable12.1)は、「A-」とこうとくてんであった。それに比ã'1985å'´ã‹ã‚‰ä»Šæ—¥ã«è‡³ã‚‹ã¾ã§ã€1997å'´ã®ä¾‹å¤–ã‚'除いて「B+」というå'³å‡çš„な成績ã‚'毎å'´è¨˜éŒ²ã—ている。

※日本語の要約担当 朝田恵子(大東文化大学大学院、東京)è'木悠(Queen's University, Canada)